メインイメージ画像

リフォームの展示会では消費者に商品をアピールできます

住宅業界の現状として、リフォーム市場は現在、とても活況を呈しています。住宅の新築需要は人口減に伴って伸び悩んでいますが、リノベーションやリフォームの需要は、これからも伸びると予測されているからです。各メーカーは、新築需要の確保と平行し、需要の基本となるところはリフォーム、リノベーションとすることを目指しているといえるでしょう。

そんな中で、消費者を引き付けるのがショールームしかり、展示会です。

しかし、各社のショールームは100パーセント予約制であったり、場所が確定していたりすることもあって、なかなか訪れにくい場合もあります。だからこそ、地域ごとにリフォームを題材にした展示会を開くことにより、消費者のニーズをとらえようというわけです。

逆に消費者の事情でも、いざリフォームを行おうと思っても、近隣の工務店またリフォーム会社からカタログや映像でのイメージは伝えてもらうことができても、なかなか完成した状態を見ることができないという不満があることは確かです。何はともあれ毎日のことにつながるリフォームですから、どれほど信用が置ける工務店や営業マンの説明であっても、実物を見ながらの、または触りながらの展示会に勝るものはないといえます。

こうしたリフォームの展示会の特徴として、家族または3世代での訪問も多いため、少しでも長い滞留時間を確保するために、子供対象の工作場やクイズラリー、または食事のサービスなども予めお客様に知らせておいた上で、展開している時もあるほどです。

当然、その場でリフォームを決定することができることばかりではありません。展示会開催への投資は中長期で考慮していく必要があるでしょう。

利用者から見てもそれなりの投資がかかる話なので、即座に決めることは難しいのです。しかし、こうしたリフォーム市場はファンづくりも含めて、継続していくことこそが肝要です。ブランド、商品を消費者にアピールすること自体にも、こうした展示会は効用があると考えていくべきです。

更新情報